自己研鑽を怠らず、
付加価値の高いご提案を通して
塗装業界と地域社会に貢献
立ち上がりは、父・二川渉が株式会社松田敏商店の四国出張所として開設した1949(昭和24)年に遡ります。当初は家族で営む小さな商店からのスタートでした。奇しくもこの年、私はこの世に生を受けます。その後、1965(昭和40)年に株式会社四国松田敏商店として独立し、翌1966(昭和41)年、日渉塗料株式会社に社名変更して当社が発足しました。
創業以来、ふるさと香川を拠点に地域の皆さまにご愛顧いただき、事業を発展させて参りましたが、今日までの道のりは決して平坦ではなく、幾度となく苦難に見舞われました。それを乗り越えることができたのは「社内の意識改革」だったと考えています。 私を含め従業員全員で働くことの意義と喜びを見直し、意志を統一。働く喜び、社会に役立つ喜びを分かち合い、お客さまに喜ばれる人材の育成に努めてきました。また、塗料の性能を最大限に発揮させるために、適切な施工環境や塗装工程をご提案することで、新しいお客さまを開拓し、信頼関係を築き、付加価値を高めていったものと自負しております。今後とも経営理念である「喜働」を念頭に、常に自己研鑽を怠らず、塗料を通して地域社会と塗装業界の発展に寄与していきたいと考えております。
代表取締役社長 二川 正志